工事方法について

太陽光発電システムは、3つの施工方法で色々な屋根に対応。
ご自宅の屋根の形状ではどの工法がふさわしいのか、事前に確認することができます。

工事方法について

屋根形状や瓦を選ばず設置できます。

屋根の形状

屋根の形状

瓦の種類

瓦の種類

3つの工法をご用意しています。

新築の方におすすめ

野路ぴたFタイプ 太陽電池を屋根の野地に直接取り付けられる独自の工法です。
モジュール下は瓦が不要で、施工性にも工夫をこらし、総費用を低く抑えました。

※「金属瓦・縦葺き」を除く

野路ぴたFタイプ

リフォームの方におすすめ

傾斜屋根用 今押すまいのさまざまな屋根瓦にもしっかり取り付けできます。
必要なところだけ支持瓦・支持金具を設置するため、撤去する瓦数が少なく工事が簡単です。

傾斜屋根用

新築の方・リフォームの方におすすめ

陸屋根用 平な屋根や地上にも最適な角度で設置できます。
コンクリートのフラット屋根や地上施設に。太陽の向きにあわせた効率のいい角度で設置できます。

陸屋根用

太陽光パネル設置工事の流れ

工事の流れ

系統連係とは、太陽光発電システムで発電した電気と、電力会社からの電気を家庭内で利用できるようにする方法です。
系統連係を開始するには系統連係の申請と電力受給の契約が必要です。

工期は一般家庭で約2週間ほどです。