おすすめの太陽光発電

比べればわかる!HITは、業界最高水準※1 の発電量!
発電効率が他メーカーより高く、小さな面積でも大きく発電。
より多くの電気を創り出します。

※1(太陽光発電システム容量1kWあたり)を達成しました。

HITは、単結晶シリコンに当社独自の「アモルファスシリコン」を採用した「ハイブリッド構造」にすることで、 電子のスムーズな動きと発電ロスの低減を一挙に実現。 業界最高水準の発電量※1(太陽光発電システム容量1kWあたり)を達成しました。

変換効率とは、太陽エネルギーから電気エネルギーに変換したときの割合を表します。 この値が高い程効率よく発電していることになります。

※ 1.太陽電池モジュールの変換効率(%)は(モジュール公称最大出力(W)×100)/(モジュール面積(m2)×1,000W/m2)の計算式を用いて算出しています。

HIT230/17.9%

太陽電池モジュールの変換効率の比較表

太陽電池モジュールの変換効率の比較表

HITなら、小さな屋根でも発電効率が高く、
少ないパネル枚数で十分な発電をします。

HITは業界最高水準※1の発電量(太陽光発電システム容量1kWあたり)。
従来よりも少ないパネル枚数ですむので、設置する屋根のスペースが小さくても十分な電気を創れます。

HIT発電効率

HITなら、設置枚数が他メーカーより少なくてすむので、
屋根への負担を軽く出来ます。

パネル1枚あたりの発電量が多く、設置枚数が減らせるため、屋根への重量負担が大幅に減少。
例えば一般的な約3.7kWのシステムなら、154シリーズより約130kgも軽くできます。

HITなら、設置枚数が他メーカーより少なくてすむので、屋根への負担を軽く出来ます。

HITの単結晶+アモルファスのハイブリッド構造により、
曇の日でも比較的発電します。

多結晶 VS 単結晶 性能比較動画

HITの太陽電池と多結晶の太陽電池の曇日における発電性能の比較をご覧ください。

HITソーラーパネル 発電シミュレーション ムービー

Adobe Flash Playerのダウンロードムービーが再生できない場合は、最新の「Adobe Flash Player」プラグインをインストールしてください。

HITの新築向けの野地ぴたFは屋根の野地に直接取付できるので、
瓦が無い分屋根を軽く、瓦分のコストを抑えられます。

モジュール下は瓦が不要で、施工性にも工夫をこらし、 総費用を低く抑えられます。 また、野地ぴたFなら、太陽電池を屋根の野地に直接取り付けるので、瓦がない分、屋根への負担を軽くして揺れに強い「減震」仕様の住まいを実現します。※1

HITの新築向けの野地ぴたFは屋根の野地に直接取付できるので、瓦が無い分屋根を軽く、瓦分のコストを抑えられます。

※ 1 「屋根で減震」とは、住まいの屋根に軽い屋根材を使用することによって、建物の「軽量化」と「重心の低下」をはかり、地震による建物の揺れを小さくすると いう、屋根でおこなう耐震化策です。特別な予算を必要とするわけではありません。これから新しく建てる住まい、もしくは、すでに建っている住まいの屋根 を、ただ、軽い屋根にするだけの身近で手軽な耐震化対策です。
※2 新震度階級。旧震度階級で震度7相当。
※3 化粧スレート瓦の重量を20.6kg/m2、平板陶器瓦の重量を42kg/m2としています。
野地ぴたタイプは154Wシリーズ5列4段(3.08kW) で算出しています。

HITなら、
今、お住まいの様々な屋根瓦にも対応する工法(傾斜屋根用)があり、
いままで設置出来なかった瓦も取付可能となりました。

必要なところだけ支持瓦・支持金具を設置するため、撤去する瓦数が少なく工事が簡単です。

HITなら、今、お住まいの様々な屋根瓦にも対応する工法(傾斜屋根用)があり、いままで設置出来なかった瓦も取付可能となりました。

HITなら、気になる発電量のシミュレーションもスピーディーに対応
光熱費削減のメリットを実感して頂けます。

太陽光発電やエコキュート・IHを導入するとどのくらい光熱費を削減できるかが 「エネピタ」で簡単にシミュレーションできます。

エネピタ(光熱費シミュレーション)

初期投資は比較的高いですが、長期で見た場合の大きな発電量は、お施主様にとっての最大のメリットです。